Kul diary

達郎を

69E7ED8A-E34F-4101-8CAF-EA5D7A8B9ED4目が覚めた! 今は3時51分

早い… でも なんて言うか、どうしても寝ようとは思わなくなった。 起きたら起きたで何しょうか、、とか考えるのだが早朝過ぎるので音出すと うるさい!と言われそうだし そうだ!日記書くか… もちろん外は真っ暗。夏であればもう夜明けを迎えカーテンをバーンと明け窓を開けて なんと爽やかな朝なんだ!!と勝手に浸る自分

まだ冬 真っ盛り中

音楽を聞きながらベッドで日記を書くのも嫌いでは無いのです

山下達郎さんはもう39年前に大学のサークルに入部した4月に一年先輩が奏でていたダウンタウンを聞き衝撃を受けた

何これ? と

当時はまだムーングローも発売前。ゴアベッド辺りだったのか…?! いやその先くらいか
とにかくほとんどの人達が山下達郎さんを知らない時代 あの衝撃はいまだに残っているし日本の音楽に向かう転機でもあった。その中でFor you まで聞き続けたが 一番好きな歌は?と聞かれたら 真っ先に答えられる自分 2000トンの雨

この曲は なんて言うか 絵が浮かぶと言うか、懐かしさと言うか、間違い無く僕の中ではいまだに聞き続け 飽きない名曲

見えるものは指の間を伝わって落ちる雨…と始まる

達郎の声を好きか?と聞かれたら実はそうでも無く 自分は角松敏生さんが大好き。 癖が無く?!でも高いところが良い… 変に歌い込むボーカルさんでは無いが、そこがまた良くて間違い無くライブの人 そこがまた良い

でも達郎の楽曲は確かに素晴らしい ラブスペースやモーニンググローリー 好きなの歌

以前ここにも何度か書いたが 歌詞の素晴らしさを意識したのはここ10年未満、、アコを一生懸命やっていた時期 その時に演奏した中島みゆきさんの時代 この衝撃も凄かった。もちろん知っている曲ではあったが、あらためてアコで歌詞を大事に想い聞くと 凄すぎてなんなんだろう…こんな歌詞書ける人って…と感動したのをいまだに思い出す 曲以上に歌詞がいいかどうか…これはもはやセンス以上のものを感じる。 なんの違いなのか…よく分からないが ある意味詩人で天才な方の文字は凄過ぎてこんな凡人には無理過ぎて、、理解出来なくて、、そこに気づくのが遅すぎるた自分なのだが そんな意味でもアコをやってといて良かった…… そう思うのです

もしかしたらアマとプロの一番の違いは歌詞なのかも知れませんね

わたしの友人、、と言っていいかどうか分からないが信頼出来るライターさんが札幌で谷川俊太郎さん公認のカフェをやっています

谷川俊太郎さんを知ったのは10年以上前にある本好きの方から、お話しを聞いてから接するようになりました。 それほど濃く絡んでる訳では無いですが… 詩を書く 凄い事

そんな才能全く無いので、どうしたらあのように書けるのか… 考えても無駄かぁー

お! 4時23分

あと30分と少しで どさんこワイド朝が始まるのです

みなさん おはようございます

と始まる わたしの毎朝 ルーティンの動き!

声出すとうるさいので 心の中で、それに答え

おはよございます、ーーーと 叫ぶ自分

これが夏だと

いいんですよねーーー^_^

この真っ暗闇の中 スマホの光だけで書く

ま、、余計な事は考えずに …

今日は17時から旧後楽園ホテル 東京ドームホテル ? にて あるクライアントの新年会へ

19時には終わるのです

早っ

こうして今週も過ぎていくんだろうなぁーー

もうすぐ二月へ

冬も もう少し…

さて ギター練習しょう

小さめな弾き方で

2018-01-16 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

イーアスへ

イーアスにある楽器屋さんに行く前にHILEXを朝からいじって”いました。 ま、、別にボード上に構築されてからでももちろん問題ないのだがなんとなく気持ち的に・・仕上げるぞ!! と思いあーーだ こーーだ と15番台 と16番台に それぞれ4つあるバンクに再度作っていったのだが、、ふと アンプやCABをオフにしたり一度仕上げた歪系を別バンクで再構築していったところ  お!!っという輪郭がはっきりとした形になり・・・・なんと!!! これ!!!だ~~~ という感じに収まりました

マルチ歴 何年だろう・・・・ 15年?くらい

数すれない失敗を経て やっとここまで来たかと

ひとつ感じたのは確かにそれぞれの機材に特徴があり GT-6から比べると格段に高い性能を持つHILEXなのだが でも結果から言うとどう使うか・・・実は当たり前だがここしかないかと・・・

マルチの欠点は 同時に全てのエフェクターをいじれない事。 画面上で切り替えしながらの操作の為手間と言うか個別のエフェクターをいじる”より面倒なところ

ましていままでのマルチはデジタルの為 ボタン”をピッピ ピッピ と押しながらの切り替えなのでどこまでどうなったかが見えないわけでは無いのだが・・扱いが面倒と感じる部分があった。 さらにいつも言うアンプシュミレーションってやつ”がなんともいえないくらい面倒・・

ようは組み合わせなのだが 歪一つとっても 何種類もあるし その音とアンプ組み合わせ””と考えるとかなりな数になるかと・・・またそこにコンプ設定だのイコライザーは・・とか 一回ずつ画面を切り替えいかねばならないところが面倒であった

・・・

と書いたが 確かにマルチ歴が長い自分。  まー今更個体には戻れないのだが、、そこはHILEXの存在 またはその前のPODがあったからこそもう一度頑張れるか!?となったのは間違い無いのです

今回HILEXボードを確立する上で 重要だったのは このお高いボード購入とHILEXが大きく重いのと光り”が綺麗なのがあった。 これは実際の音とは関係ないが 見た目””””ここは大きいところ

要塞””と読んでいる 親方のボード

あれは センスある

そう 音とは関係ないのだが そのボード上に並べられた個体のエフェクターはそれぞれの形があり色もそのバランスは最重要

ここは 

美学

なのです

まァ~~~あのお高いボード”がなければここまでしようとは思わなかったかも知れません。 とにかくHILEXが大きいため普通のボードでは収まらなかった!ここでしょうね。 HILEXが重い・・・と言っていたが 昨日ボードと分けて二人で運んだのだが 何も入っていないケースがあそこまで重いとは・・・・
さすがプロ仕様の事だけはある

そうそう 歪もクリアも替え かなり良くなりました

これ 嬉しいんですよねぇーーーー

まーーー日課のようなマルチいじり”ではありますが・・・

今回 エコープレッションから本体へ繋ぎそこからピッチシフターとオクターバーを絡ませ ミキサーに通しパワードへ持って行き そこからラインへ!としたのだが配線を簡素化し最終的にみなさんがやっているように一電源のみで全てがON”になるように依頼しました

要塞・・・・とまではいかないでしょうが

でも 気持ちよく弾ける形になると思います

そうそう EGGでの演奏は今回POD

音はフレットレスギター音をリアで鳴らし アンプでは無く ラインで

良い感じでしたねぇ====

若干 輪郭は細くなりましたが ほぼ満足いく仕上がりでした

一月も中

きちんとした練習を計画的に行わないと あっと言う間に春が来てしまいます

練習しないと出来ない曲を思い描いていますので・・・

さて

週初め

気合いいれて行きましょう

2018-01-15 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

昨夜の

F3F4EB8B-D43B-4DCE-96C6-9DA23D4CCAA7

C1B52EB3-53EB-4FC9-8E5F-FD97E08D473F19時30分から始まった社会人音楽サークルEGG新年会 内容はあらかじめお題を頂いたそれぞれのメンバー達がセッションの形で計12曲くらい…か、 それを披露するのが一つ! テツローさんのマジック!イントロ早押し!日本酒利き酒選手権! 昔とは違いなんとも楽しめる会になったんだなぁーと言うのが正直な感想

そこに集う人達が楽しそうにするのがやはり一番なんだろうなぁーと

その中でセッションをずーっと聞いていて思ったのはしっかり?!した音をキープ?!するのは難しい事なんだと言う事 これは楽器も歌も…

とくに歌は 本当ーーに難しいんだろなぁーと感じるのです。声をある程度張り上げて歌わざる終え無い状況の中でも音程を保つのはもしかしたら至難の技なのかもしれない…と! 美しい歌声とは?

ふと聞いていて 歌の場合 やはりそれなりの先生についていわゆるボイトレ!をしないといけないんだろうなぁーと思うのです。 最初から出来る人… これ例えが合っているかどうかは別もして ゴルフでもそうなのだが、何も教わらなくても最初から飛ばせる人や真で捕らえられる人っているのだがな大概自己流なのである程度までは行くがそれ以上の世界に入ろうとすると何かしらしなければならない… ここかと。 ただ自己流でもそのコツを掴み努力する人と先生に付く人!両方とも上手くなろうと意識があるからこその行動。 どちらにしてもポイントは

あれ?

と思う気持ちから全てか始まるような気がします

僕なんかは 有り難い事にみなさんからきちんと指摘され だよなぁーー やはりそこだよなぁーと 思いならまずは…と行動に起こしたタイプ。 これは正直恵まれている あ!! そこ その音の不安定さ !!これって何だろう…と気づくまでと なら、なぜ不安定に聞こえるのだろう、、と思い研究するか否か!!ここしかないと

きっと あーーーーって声を一定の長さで出しても上手い人との差は歴然なんだろうなぁーと! ならなぜ自分は?と考え行くか否か… これはギターもそうで同じ音を一音鳴らしても差は歴然 きっとドラムのスネア バンと一回叩いても分かるものかと

昨夜聞いていて ギターなんかはまだ音をイジる事で誤魔化しが聞くが ボーカルさんの場合、大変だよなぁーと感じるのです。 カラオケが上手い人との差なんだろうと
いないものですね ボーカリストさんて

でも 歌う事って 凄いし… ある意味天性なんだろうなとも感じるのです。 上手く、また感動を、また何かしら…与える事が出来るならこれって素晴らしい事だよなーって

プロのボーカリストさんを聞いたのは数年前に聞いた華原朋美さん。 あるクリスマスパーティーでの事! 正直あーー上手い…と あーーやはりプロだ!!と
一つ上の声がアマと比べ 出るんですよねー!!また 特徴があるし こんな僕にでもその歌詞が伝わる…やはりそこの差なんだろう と

昨夜のサークルセッション

これも 楽しむ!と言う面では間違いなく必要な事だと思うのです
あとは自分自身の問題かと

きっと半年ライブをやらなくても全く気にならなくなったのは、とにかく自身を鍛錬させてマイナスな部分を少しでも改善する事を優先させなければ…と感じているからだと思ってます

このリズムの中で なぜ こう弾けないんだろう… チョーキング一つどっても なぜ不安定に聞こえるのか? ましてカシオペアなんだよなぁーーとか ま、、とにかくやる事が多すぎて困ったものですが、、一つ一つ 抑えて行かねばならないのは間違い無い事 これも事実

そんな意味でも 参加させて頂き感謝なのです

でも やはり楽しむことから…

これがあっての 音楽 そこは … そこも間違いでは無いしまた その上に… これも必要かと

僕は 無謀なカシオペアと言う音楽を求めている以上 休息は無いのです^ ^

受験勉強みたいだな…

今日はHilexを持ち込みます

やっとボード構築へ

それもやる気がでる 一つの行動かと!!

日曜日

時間を無駄にせず 行動なのです

2018-01-14 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

一週間が過ぎ

581FFE48-EC94-4D8E-B7C9-1417E8F30E29新年が始まり仕事の週が初めて終わりました。体が慣れていない?!と言うか月曜日が休みだったので実働四日と言うことでまだ全開とまでは行かない自分なのです

昨夜はモサモサと雪が降る中 早く行かないと…と思いながら店の戸を開け中をみると お! カウンターまだそれほど埋まってない… 金曜日だが雪のせいか、、今年最初の古里へ

中に入りビールを頼む

周りを見ると 左にたまに見る女性が一人飲み 右手には良く見かける男女が1組 が 数分のうちにその仲間が三人来店。 皆 見かける常連さん…

すると奥から笑い声が お! 奥座敷に団体さんが二組

なんだ いつもの古里か … ^ ^ と なんとなく安心する自分

ちなみに時間は開店から40分経った 18時40分…

今年の札幌でのお店初は この一通にある椿と言うお寿司屋さんから

あ、カレー屋さんも行ったか…

そうそう 昨日の古里! まぁーいつも食べて飲んでを繰り返すのが自分の古里定番スタイルだが 昨夜は ビール 緑茶ハイ ビール の三杯。 焼き鳥三本、ホルモン二本 きゅうり味噌、氷下魚、マグロ刺身、チーズポテト、さらに最後は〆のラーメンまで… 食べすぎだ!!と思いながらも お会計は 3500円なり

しかし このお店は本当に安い。 まあ 昨夜は食べすぎだが…

そんな週末 娘も妻もそれぞれ飲み会との事で別行動

今日はビニーズにて社会人バンドサークルEGGの新年会。 何年ぶりだろうか…と言うほど行っていなかったのだがギターのAKRくんからのお誘いがあり参加。ふと最近のサークルメンバーを見ていると ほぼ新しい方々含め固定して来た感がある。 はじめまして…と加入してもその雰囲気、またはテイスト含め馴染める人とそうでない人の差はどうしてもあるものです。 最近はこの会のあり方は?とかあまり考え無いようにしていますし、またそれは個人的な問題かと… そこで割り切らないと難しいかと

わたしと推定…30才以上開きがある方々もいらっしゃるので親子のような雰囲気漂う中でのサークル活動
ま、、なるべく自分から話しかけるようにしてます

怖い おじさん…と思っているでしょうから…

自分が加入した年の夏イベントはキロロでしたがその後夕張へ移り それから石山緑地へ で、昨年 …となるのですが 人の移り変わりもありました。 若い方々が増えサークルの世代もある程度分散化されそれぞれの世代で楽しんでいるように見えます。 それはそれで良い事として見ています
今年還暦を迎えるHIKさん。 なんか今日もクラップスホールでライブ後それからG-HIPへ行きお母さんお誕生日ライブを経て ビニーズへ…との事!スーパーギリストですねぇーーー^ ^ 素晴らしい。 50超えグループもまだまだ元気に動いているのが分かります
昔なら60定年が普通… そう考えるとわたしなど後二年後、、、 いゃーーそれもまた そのような歳になったのかとも思うが、最近それよりその後の生活人生を考えるようになった!
さてどうやって楽しめる残りを設計するか… 真面目に11月から翌年3月までは沖縄、、4月から10月までは札幌!!
これ真面目に考えている今日この頃

雪 飽きてしまいました

沖縄の生活は本当に質素で構わないのです。 のんびりするための沖縄… 札幌は楽しく過ごせば良い!これかなと

まあ 何年か後ですが…

老後 と言う言葉が当てはまるかどうかは別として今の時代75くらいまでは皆さま元気にしているので病気さえしなければあと二十年そこそこ… この期間をどう生きるかはものすごく重要かと

な 事を 考える時間が増えて来たのも確か

さて そんな事より 今は 練習して臨まないと …今日のセッションに向けて^ ^

やろ

2018-01-13 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

手癖

ここ一年とちょっとか・・

ただカシオペアを弾いているのとは違い ここのコードだと野呂さんはどう弾いているのだろう、、とか コード転調時のツボ”とか・・ここをこう弾いたら こうなるのか?!等々  本来なら教則本で勉強しなければならないところをもの凄く教えてくれたのが野呂さんだった

デミニッシュ時のスケールは?とか 一時自分もそのスケールをなぞってみたのだがどうもピンと来なく ま、、いいっか・・・くらいでやって来たのだがここ一年たとえばスペースロードのメジャー~フラット5~マイナー9~ と続く場合の展開なんかは後半野呂さんが弾きまくる数多くの音源を聞くと あーーーここかとか野呂さん自体もその時々により この時の演奏 いいな~~~とかあり 非常に勉強させて頂いてます

縦の動きが一つポイントだと思うのですが ここか・・・・と一か所でも分かると あーーーーーーとなり 次へ進む事が出来ます

これも本来ならきちんとした教則に沿ってやるのが普通なのでしょうが・・

そこだけやっていると飽きてしまうんですよね

明日に迫ったEGG 新年会

今朝になって このバージョンのほうが・・?と来たのが フライミートゥーザムーン” ジャズバージョン

有名な楽曲であるがゆえ いろいろとあるのも分かっているし 過去に弾いたこともあるのだが、今朝ここまでジャズ??の音源が来て・・あら・・となったがスケールと進行さえあればどうにでもなるようになった

よくジャズバーのようなところでセッションを行っている方々を見ると 青本?赤本?なるものを開いて やっているのを見るがコード自体を変化させ弾くのが当たり前?の世界とも思っていた

ジャズの世界はそういうものなんだろうと

たまに YOUTUBEでジャズを引っ張り出し アドリブを付ける練習もしているのだが なんちゃって””なら困らなくなった

ま 本物のジャズ””な方々からすると 笑われるでしょうが・・・・

野呂さんをずーーーっと追いかけてきて特に最近思うのはその手癖”が少しずつ分かるようになって来た事

もちろん  少し  ですが

これからの半年間はいつも以上に重要かと・・

定番の曲を比較するとこれ 面白いんですよね

たとえば スペイン

この有名曲は 数知れないバージョンと言うか ソロがあります

野呂さんで知っているのは ペガサスのアコバージョン スペイン!

別に野呂さんファンだから・・・と言うのではなく やはり面白いんですよ!! あれはアドリブだとは思うのですが、その手癖”が面白い

野呂さんが一番生かされるのは あくまでもメロ”がある曲に対して!! だと思ってます

メロがしっかりしていて 転調がある曲に対して弾いいたら 一番かと

きっとメロ”が頭に鳴っていてそのメロ”を無視したフレーズを使わないところが野呂さんの素晴らしいところなんですよねーーー

それに慣れている自分なので きっと 永遠とワンコードで弾かれても  うーーーん・・・となってしまうのかと

そんな意味でも 野呂さんと・・少しそれとは違うが 高中正義師匠

この二人は 別格かと

面白いんですよね~~~~~~~

あ、、、ジャズでも 巨匠”と呼ばれる方々の演奏は凄いと思ってます

そんな方々はきちんと自分の手癖”をつかんでいますよね

縦動き満載な演奏

全音出来なくても 若干掴むところからスタートです

さて

金曜日

どうする・・・・

2018-01-12 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

ある書き込みに

8003D3EB-2640-4DD1-BDE8-BF1169A6F5A3あるサイトの書き込みにJCの事がありました。 JC ギターさんなら・・な略ですが ジャズコーラス”と言う まァ~どこの場所にもなぜか置いてあるギターアンプ。 確かにどうしてJCがどこにでもあるのだろう・・・とは思っていましたが ・・ 普通 スタジオやライブ会場に行くとだいたいこのJCとマーシャルが置いてあるのが当たり前 かと。 なんとなくマーシャル”は そちらの世界な方々にはご用達なんだろうな~~~とは思っていたが このJCってどうして常備品のようにあるのか・・は疑問だった

ギターアンプと言うのはそれぞれのメーカーによって特徴があり音の好みもみなさんバラバラな為こだわる人は自前のアンプを持ち込みます。 その中でこのJCはなんて言うか これを無難な音・・・と呼ぶのはいかがなものか・・・と思うのです。 ただこれは個人の感覚なので好き嫌いもありますが 浮いた感じ”” そんな音に感じるのは自分だけ??

シャリシャリ感””と言うか  で、もう一つ面倒なのがマルチにあるアンプシュミレーション”と言う機能

これがまたややこしい・・

でも そこに書いてあった記述で うん”と思ったのは JCでもいい音”出す人  いるんですよね

で、これ結論なんですが JCがほぼほぼ主流な世の中ならそこに合わせた音造り”をしていった方が良いと思うのです。 特にマルチ派”はシュミレーションによって大きく変わりますから その辺は勉強が必要かと!!

実はGT-100  そこそこいいんです

GT-6と比べると かなり精度も上がっているし歪系”の伸びは2つくらい上を行ってます

ただローランドぽい””音だよね  と言われるとその通りなのですが、、これも結局アンプとの相性が、、では無くそこに合う音造りが必要だと思うのです

でも 先ほども書きましたが 上手いな・・・と思える人は 良い音”出します

これは間違いない

その方もそこは その通り”と書いてあります

でも考えてみたら昔はJCよりフェンダーだったような気もしますが・・・

ちなみにフェンダーは癖 少ないかと

野呂さんや今さんはアンプを通さない ライン”という方法を取ってます  が、、これはプロの世界でないと中々上手くいかないかと・・・ と言うのも音自体はPAさん次第”というのもありますが音の輪郭が甘くなるんですよね~~。 専属のPAさんがいるならいいのですが・・・それか 自分にやらせて!!と言う方法もありますが そうなるとPAさんとの確執”もあり得るし・・・・

どちらにしても 研究していく と言うのは必要かと

まァ~~~~上手い人は  上手いと言う事で

さて

そうそう 新しいギター

ひとつ いいのが

ギブソンのセミアコ

2018バージョンというのがあるんです

正式名称は GIBSON 335 2018 DOT BLUES BURST

この 青

かっこいい

これかな

今週もあと二日  先が見えました

今週終わると もう月中

冬もあっという間に終わりますね

2018-01-11 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

今週の為に

土曜日行われるEGGのイベント用に採譜し練習をしました  機材はPODを持ち込む為昨日パワードに繋ぎ久しぶりに弾いたのだが一旦HILEXに慣れてしまうと音のキレ”というか重さ”というか 要は前に出る”感じが違うのが分かります

音の輪郭””というのが分かりやすいかも知れませんが

特にピッキングの強さによって変化”するのもやはりHILEXが上かと

以前YAHさんのGT-10をストラット(店置き)を弾いた事がありますが 実はその時硬いなァ~と思ったがその分前には出る音で、、さらにアタックの強さにより音が変化するのは体験済みだったのですが その感覚と似ているかと・・・ 

ただPODの音は悪く無く これはこれで一つの完成形かと

これ以上余計な事はせず どう考えても重いHILEXボードを持ち歩くのは晴れて 風無くて 環境の良い時のみ””使用!!  ここです

プロ”と言われる方々でも人により違うとは思うのですが 野呂さんの音は 重い”のです

あれを再現出来ているアマは見た事がありません

音で言うと 親方の音は いい

これはお世辞抜きで 素晴らしい

もちろん好み”等々あるにしても まずは前に出る”また輪郭””と言う面では大好きな音だと

カシオペア韓国ライブの音源を聞くとものすごく分かるのだが ま これは撮り方だったとは思いますが・・・ダイレクトな音に聞こえるあの音!!ほとんど空間系が無く さらにラインダイレクトで聞こえるような音!”” いいんですよね~~~~

音に 一つ まく”がある感じ

わかるかなァ~~~~~

弾き方の問題ももちろんですが

ま そこにはPAの質”というものも大きく関わってくるとは思いますが 生”音として考えるとAXIA小樽おんざ”のPOD音源は限界かな と感じます。あの音源の良いところはKOTさんのドラムにキレがあったのとSIOさんのベースがつつみ込んだところ、、またTAKさんの音がとにかく向谷さんそのままだったところ!!これが大きかった
うるさく聞こえない演奏。また それぞれの持ち分”をきちんと表現する事。 ここかと

難しいんですが・・・・

やはりバンドは練習あってなんぼ””ですので

そのまとまり”から聞こえる音はやはり違いますから!!!

さて

今週も始まります

昨日休みだったので4日間

あ、、今日は飲み会

駅前 18時30分より

2018-01-09 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

昨日は

娘が仙台から帰ってくるので昼前に街へ。 ファイナルバーゲン…と言う言葉に弱いものでして…行きつけのアバハウスへ行くと皆さんから あけましておめでとうとございます!!今年もーーとの言葉と共に せっかく来たし…との事でお買い物をし、、三階の家具屋さんを見て 13時近くに合流。 その家具屋さんで照明を買ってあげ帰宅

青森から仙台へ行った理由は 天月さん と言うアーティストを見るため。 友達と仙台で待ち合わせしライブを見てそのままカラオケで朝まで居たとの事… ホテルにはシャワーのみの滞在 流石 若いな…との事で一睡もせずの札幌へ

まぁー若い内はそれもありなんだろう

少し寝る…との事なのでわたしはイーアスの楽器店へ!そこのMITさんと打ち合わせ。Hilexボードの構築について話し来週持ち込むのでよろしく!と 一つマジックテープであの重さに耐えられるのか? そこがポイントかと… 設計図は終わっているのだが 中で動かれると配線に影響でるし…と。 もう一つ相談がありセミアコの機種を話したのだがその後 送られて来た画像は 松原正樹さんが使用していたセミアコ!!これ いい^ ^

希望は 変わったの… そう なんて言うか335みたいなのは普通過ぎて嫌だなぁー また色を定番の赤!とかブラウン!とかは嫌だ!とのうるさい好みを伝えて来たのがブルーのボディに形はストラトタイプ! が 中は空洞に!! いいじゃないか!!これは と

値段がよくわからないが…

セミアコ と言う感じではないが このギターならカシオペア以外の音楽全てに使えそうな雰囲気

どの程度 フォローな音のか?!は分からないが 買うとなると取り寄せの為 弾いてどうのこうのにはならないのが欠点だが まず見た目、は完全に合格点

値段がよくわからないが…

野呂さん…に関係しないギターの購入は 本当ーに37年ぶり

最初に買ったのはギブソンタイプのSG、その後ジェフベックに憧れて…って曲は大して聞いていないのにあの雰囲気だけ見て カッコえーーー との事で白いストラトを! その後 YAMAHAから出たSG800 ブルーメタリックを!! これは高中正義ファンとしてはどうしても欲しかったギター。当時はまだ2000のブルーが出て居ない時期!となるとこの800はどうしても欲しかった一台

その後は野呂さんへ! SG2000 ブラウンサンバーストへ行き 当時 どうしても欲しかったIN-1となる

この時期に発売になったINは とにかくものすごいい衝撃たった。 まさか…の機種が手に入る… カタログをズーーーーーーッと見てましたね ^ ^ いつも いつも見て欲しいなぁーーーと!! 当時結婚したばかりで子供も生まれ厳しい時代… その時思いついた一言は お願いしたい事がある!!!毎月返すので30万貸して欲しいと… 金利が邪魔だし…と懇願しやっとの思いで購入!がその後 飲み代もかさみ 返済額とどこうる…いまだにその当時の事を持ちだします 妻…

がその代償に毎年ある車の保険を払い続けているのだがもう終わった…と 懇願するが 罰だ!と言い切る妻

まぁーしょうがないか

その後 ももちゃんの製作に掛かり 昨年リペアし今年リニューアルした本機が手元に来ました

YAMADA工房にはSGリニューアルの話しをしたが本音は 新しい野呂さんモデルを作りたい!!

これが本音

そこだよなぁーーと

集大成として YAMADA工房には是非 決断して欲しいのです^ ^

これ きっと見ているはずなので…

さてと

今日は夜 妻ご帰還なのでその前に たまゆらへ!温泉に浸かり いつもの食事をし まったりする予定

暖かいこの二日

2018-01-08 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

つくづく

ある映像があり見ていたのだが それはかなり上手い方々がスリーピースで演奏している ほぼワンコードで永遠とソロを回し弾き続けているもの

メロディが無いと本当にダメなんだと思う

ブルースを良いと思わなかったのも同じ理由

って言うか 弾けないんだけど…

歌ものから 歌なしに入るきっかけは高中正義師匠から

レディトゥフライを学生時 部室で聞いた演奏から…それは衝撃的な出来事だった。その演奏の光景を今でも覚えている 40年前の光景。 コピーしていたのはセカンドアルバム 高中バージョン 歪み無しの音で かけていたのもコンプくらいか… 凄かった。 とにかくあの時から自分のフュージョン人生が始まった

時代がそうさせたのだろうが 海外のクロスオーバーと言われたミュージシャンがどちらかと言えばジャズよりなインストを奏でている時に 日本ではメロ重視の風が吹いて来た…その先駆者は 渡辺貞夫さんだとある音楽雑誌で見たことがある 確かに当時流行っていたが自分的にはサックスか… というか やはりそこはギターだよなと言う思いがあった。 そのタイミングで飛び込んで来たのが高中氏
のちにブルーラグーンと言うか 泣く子も黙る…あの名曲が発表され一気にフュージョンブームが到来する

その意味でもこれだけフュージョンと言う音楽を世の中に知らしめたのは高中氏だと思うのです

当時カシオペアは 小難しく… どちらかと言うとジャズぽく自分には聞こえていた

ギター小僧の心をくすぐり倒したのはやはり高中正義

僕は音、フレーズ含め今の野呂さんが大好きなのです

野呂さんの素晴らしいところはいまだに進化しているところ!還暦を過ぎて今年は61歳。 カシオペアとインスピリッツと言うメインバンドを二つ持ち それぞれに新譜を出し、、もちろん全て新曲!!そんな60な人世の中にいないでしょう。 あの粘る音はとにかく大好きでセンスの塊だと…
昨年メインで使うギターも入れ替え いまだに先は進もうとする姿は 化け物です^ ^

やはりこのお二人です

このお二人の違いは 高中氏はボーカリスト。野呂さんはギタリスト

きっと…と言うか このお二人を超える人は出ない!と断言出来るのです

そこまで好きな人が居て良かったよね と言われたことがあるが、、 その通りです!!!!と言い切ります

これはズーーーッと言い続けてるが野呂さんが居なかったらここまで練習もしないし ギターも弾かないし、いまだにAXIAをーーとか言って無いでしょうし…

まぉーー恩人…と言うか 神様と言うか…

いま アコで 新しい構想があります。 その相手にも伝えていないお話し

全国見ても居ないユニットだと!!

間違い無く面白い中身なんですよねーー

自分でも良くここ思いついたな…と思える内容

まぁー相手の テイストがあっての事なのですが… まだ本人には話してないのですが…あ、連絡先もよく分からないし… でも 間違い無く 彼は受けるだろう!と内容が面白いですからーー

ま、、そんな事を考えながらも 今年がもう既に始まっています
今日はこれから早朝掃除をし 採譜し 街へ!JR towerファイルバーゲンへ!!そのまま仙台から帰ってくる娘を迎え帰宅

明後日はイーアスへ

いろいろとお話しに…

夜は妻が青森から帰るのでお迎えに

時間を無駄にせず

ここ

さてやりますか

2018-01-07 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

CB88FE33-284D-4B5E-AADB-54D732BAA4CB

91198495-E665-478B-8C18-295D4CEF3353昨年は喪中なので年賀状は出さなかったが それを知らないか忘れている方々から数枚届いた その中に、北星大学にお話しに来て頂きそこからkul様と知り合え…うんぬん…と書いてある年賀状があった。 きっとこれはリクルートのお話しに訪れた時の事を言っているのだろうとは思うが まずこの方は

誰だろ…

さらに何故 わたしの住所を知っているのだろう

会社に初出社した昨日 年賀状がそれぞれ机の上に配られていた。その中に 丁寧な言い回しできちんと昨年のお礼を書いている一枚を発見… ある会社のある方からのものだが

誰だろ…

これは わたしの問題か… 健忘症? いや ただ忘れているだけか? 言えるのは二枚とも具体的な内容が含まれているところ。 間違いなくわたしと面識がありなんらかの会話もしているのが分かる内容 不思議だ!全く記憶が無い…

ただ年なのか…

もしそうなら困ったものだ

そんな気持ちを引きずったまま初日が終わり…帰り際にあるクライアントの若者さんから連絡があり今日 千歳へ行きものを引き取り納品しなければならなくなった。本来今日は休みなのだが その言い方がどうも今の若者特有の言い方 本来の納品は9日なのだが今週何とかならないか?との問いに答えわたしが行く事に対し何の気持ちも感じ無い会話。 YAMADA工房へリペアに出していたももちゃんを引き取りにに行くついでを作り向かうので問題は無いが…

聞いていた部下が わたしが行きます!と言ってくれたが 休みの出勤なので 私用もあるからいいよ、と断り自分が行くのだが…やはり 全て 仕事もそれ以外もあらためて気持ちの問題だな…と理解した

やってあげたい人と そうで無い人

でも 歳のせいかも知れないが むかしのように 嫌な気持ちになる事も無くなった。 そうして欲しいならそうしますよ…それだけかな

な訳で今日は恵庭と千歳へ

そうそう 今 あるギターの購入を考えているのだが…今年はエゴラッピンバンドの活動が多少活発になるとの予想から なら、セミアコいるな…と言う気持ちが湧いてきたのです。 漠然と昔から欲しいなとは思っていたがあの渇いた響きやジャズな雰囲気はやはりセミアコだなと! 見るとやはりギブソンは豊富。 が、形と色に拘りたいのです
もちろん音の問題は大きいがそれ以上に お!っと思えるものが欲しいのです
頭の中にはあるんですよねーー! 特にヘッド部分とか

しかしギターを買うとなると久しぶりなのです。ももちゃんは作成したギターなので購入…と考えるとIN以来 15年ぶり?くらいか…さらにそれぶりと考えるとわたしのINは綺麗だな とも思う。 細かな傷は別として今だにピカピカしてるし… まぁー普段弾いて無い性もあるが 基本ものは大事に使うタイプなので! ただ一つ言えるなら20前後に買ったSG2000を完全リペアしたいと思ってます
流石にこの名機 すでに37年経っている為古さを感じる… 良いギターなんですよね SGって

今年はももちゃんとセミアコをメインに進んで見たいのです

どこかに良いセミアコないかなぁー…

まずは御用達のイーアスへいく予定!Hilexの件もあるで!!

さて三連休! …

明日は娘が、 明後日は妻が戻って来ます

そうそう 昨日 初日だし 帰り際 大和家へ!と思い向かったがまさかの?!カウンター満席!! あーーやはり始まりの日は混むのか…と串鳥へ が、ここも待ちありとの事… 蕎麦屋のかりんへ行くも 満席… あ、、と古里へ電話するとやっている!! そうだよなぁーここだよ、、と思い向かうがカウンター二席のみ空いているだけでほぼ満席… 座るとすぐ人が来て全て埋まる有様

凄いな

やはりみなさん 年のはじめは 飲み会なんですね

さて

この三連休で来週土曜日 EGG新年会の曲を採譜し練習しなければ!

日が長くなりましたね

さて

2018-01-06 | Posted in Kul diaryNo Comments » 

 

1 / 7712345...102030...最後 »