Kul diary

その2

imageAXIAのシティジャズと小樽の前に

たくさん見た訳ではありませんが ・・ これは以前からも言ってきましたが やはり高中氏と野呂氏は別だと思います

音が

普通  という言い方が適切かどうかは置いといて・・ジャズ系な方々とかブルース要は誰?という訳ではない音楽の音はジャズコで出すこと自体それほど難しくは無いと思うのです   でも それでも音”のセンスは重要なのですがこと カシオペア とか 高中正義になるとまずはテイストが感じられないとやはりダメなんだろうなーーと  で  日曜日に見たセイシェルズ

僕自身もそろそろきちんと結論を出さないといかんなーーと! ラインの限界は見えましたね でも今回親方を見ていてアンプの出力を一定以上あげるとなんというか音が浮く??!!そんな感じになるのがあらためて理解できました。今回自分もESTA と 小樽 ラインでしたが音が浮きました・・何て言うか 歪が薄く更にペコっとした音になるんですよね! そうするとモニターから聞こえて来る音に対し違和感を感じ出すと普通に弾きにくくなると思うのですよ!普段ならサラっと弾くフレーズが硬く聞こえたりスムーズでなくなったり・・・

今パワードスピーカーで考えていますがそれとて レベル出力を超えると 硬いですね

自分の中ではジャズコが主流なのであればGT-100を駆使し音的には中期・・くらいの音色に作りあげ鳴らしたほうが 上手く聞こえる・・・””かもしれませんね!これも一つの手かなーーーと

やはりフュージョン 特にこのお二人をコピーするには必要かなーーーと

・・・あ、、これはあくまでも個人的な意見ですので・・・・

 

今回のAXIAは

副馬氏初参加のライブでした

完全に向谷さん仕様のAXIAになりました

音源は・・・わたし以外は良いですね

やはり変えないとダメですねーーーー

次の小樽 石山に向け 音をシンプルに考えて作っていく事が重要かな  と感じました

新生AXIAに対しての選曲はすでに昨日送りました

9月に入ると 鬼のような練習が始まることでしょう!!  (笑

KyさんとDs さんは大変かなーーーとは思いますが そこは

根性

で乗り切って頂きたい・・・・と

年末に向け 面白くなりそうなAXIAです

飲み会も・・・・

2015-07-23 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment