Kul diary

昨夜はずーと練習していました

で その合間合間にYOUTUBEでアマとプロの音源を聞き比べ・・

これ好きなんですよ! どこ違うんだろう・・・・と。  まァ~~大きく違うのですが、、言えるのは余計”な音があるかないか・・そう、そこにその音いる?っていうかやはり弾きたがるんですよ!アマは
そこにテクの披露はいらないよなァ~って言う部分に入れるんですよ
それがオリジナルであってもコピーであっても・・・ 唯一違うのは高中さんのように決まったフレーズが存在する時””ここは完全なコピーなのでそこに行けるか否かの差なのですが他は 余計??なフレーズが入り込むのです。でもきっとこれだけ弾けるぞーーーって見せたくなるのがギター弾き””の特徴かと
たまたま映像の中にリッチ―の今?に近い状態でのハイウエイスターがあり聞いていると例””のあの有名な後半ソロフレーズでのビブラートがカッコいいと言うかリッチ―独特の揺れ””なんですよね!! あれは会得すないとああならないと思っています。 親方のビブラートが他と違うものそこなんですよね
あれってここ1年ずーーっと追い続けてきた部分でもあるんですが最近やっとそのコツ”と言うか 自分なりに野呂さんの掛け方””を理解し練習しています!実はここってものすごく重要で たとえば セットセイルなんかの後半ソロやエブリモウメントの後半なんかはそれぞれのフレーズ小節にかかるビブラートが物凄く心地よくまたあのパッセージでそこに掛ける””タイミングが絶妙なんですよね!! あれは とにかく会得””する練習をしないとああはならないんです
たとえばヘビメタ系の揺れ””って意外と会得しやすいかと思いますが、野呂さんや親方”の揺れ”は普通の人が考える以上に至難の業です
でもそこが出来るか否かで まったく違う””感覚になるし 上手さ””があるなァ~~~と感じるかどうかの大きな差””になります
以前から言ってますがボーカルさんの上手さ””と同じなんですよね
上手いボーカルさんって 自然なビブラート・・・または 歌い方””があるのと同じでギターもそうなんですよ! リッチ―のそれ”も間違いなくカッコいい
チャ―なんかも上手い!!! 自分の世界観”があるんですよ!!

これは以前から言ってますが高中さんのブルーラグーン・・・

あのフレーズは だれが弾いてもあの音にはなるんのですが、、雰囲気は出ないんですよね! どうして親方のあそこは他と違うのか・・・・

ここが勉強なのです

でもあの違い”に気づくかどうか・・・・

そこなんですけどね・・・・

ま  そんなことばかり考えながら練習している訳ですが その時間が自分にとっては大きくて、、まだまだやらなければならない事が多くその為にも半年間は必要なのです

木曜日

明日は

街へ

週末は洞爺

今は晴れている 札幌

2018-12-13 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment