Kul diary

たびたび

この話題はここで何度か書いてますが・・

服部真夕というプロゴルファーの話題が昨日のヤフーニュースに乗っていました。彼女は数度優勝したこともあり数年前までは常に上位に居た選手。森田理香子と言うプロもそう 諸見里しのぶもそう。 優勝経験があり期待されていたのに 結局 不調になり姿を消していった方々
その原因は

イップス

服部真夕の場合は手が動かなくなるとの事 諸見里の場合は一打目を打つティーグラウンドに立つと吐き気を・・・ 森田の場合はアプローチイップス

野球でも人にぶつけてしまうとインコースに投げられない等々 精神的な不調を持つ方々は結構多いような気がします。まァ~比較にはなりませんが自分もゴルフではイップスになりもう30年。 不思議なもので手の動きとかいうより思ったように振れなくなりシャンク”と言う病気に陥ったのですが考えてみるとバンバン勝手に打ってよーーーし””って言っている時は良かったのだがある時 スコアが80台前半までいきこの先もっと上手くなる為には”と考え今までとは別な練習やスウイングを・・・と考えだしてから  あれ??? となったのを今でも覚えてます
レベルは違えども なんとなく分かります。 ゴルフが他と違うところはボールにフェイスがあたる瞬間まではどんなフォームでもいいのだが当たる瞬間はどの人達も同じなんですよね。でもと言うことは・・動いていない地面にあるボールを打つのでその手前のスウイングは自ずとルーティーンが決まってきます。なのでプロのフォームを見るとほぼ見た目では変わりがありません。もちろん回転とかインサイドアウトなのか アウトサイドインなのか・・・とうとういろいろありますが基本な部分は一緒
と言う事はどうしても一つのセオリー”に固守しなければならなくなる・・・・・ ここがなんていうかゴルフの変わったところなんですよね

だいたい斜めに振るスポーツって世の中に無いし

でも考えてみてください! ボッコを降るだけなんですよ!!!  なんか鉄っぽい金属のボッコを

それが 手が動かなくなったり ある場所に立ったら 振れないとか

でもこれってなった人じゃないと分からないんですよね~~~

でも ふと ライブでステージ立つ前の緊張感ってそれに似たものを感じる時があって 一瞬 あれ?あそこのフレーズってどの位置”だったけ??とか Fか?とかあれ??5フレか!!とか・・・・ これって 真面目に考え出すと ????がたくさん付だし パニック”に陥る  これってよくありました
で、、今は!と聞かれると 心臓が太くなった?? ようは 間違ってもいいや・・というか 別に  というか  これだけ練習したしとか
きっとわたしの場合はやるだけやった””と言う バックボーンが無いと間違いなくダメですね! そんな意味では緊張しなくなったとは思いますが・・・でもいつまたそんな気持ちになってしまうかは分かりません

上がり症なんです!!とか いろいろ 世の中 ある意味 イップス”というのはあると思うのです。 でも自分で 勝手に思う事が増幅されてどんどんのしかかってくる!!これがイップスの要因であり 思い込み””の最大公約数がイップスかと

俺って いつもステージでは 最初指動かなくて~~~~~とか  それも そうなのだ!!自分””””と思った瞬間からもうイップスが始まっているんでしょうね

頑張れば道は開けるのだ

と言う逆イップスになるのが重要かと

しかし 話しは戻りますが プロで 有名で 小さい時から天才”と言われアマで優秀な成績を収め でプロの世界へ!!! いままでとの違いは

賞金 があるか否か

こわいですね

ちなみにゴルフにはシードと言うものがあり いまは55位??だったか  要は年間獲得賞金のランクなのですがそこ以内だと必然的に大会に参加できるのですがそこからもれると予選ラウンドをこなし通ったものだけが大会にも参加できるという事! 落ちたら自腹で全国へ出向き予選して他のシード選手より多くラウンドし

とにかく大きな差があるのです

QTなるものもありますが・・・・

でも考えてみたら全国に何万人?といるゴルファーの中で50位前後 その人数に入るのは至難の業かと

大変ですね

さて金曜日

昨日は妻が ユーミンだったので 古里へ

今日は

どうする!!

2018-11-30 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment