Kul diary

おでん

この時期になると熱燗でおでん と言う気分になるものかと。先週 琴似に住んで20数年・・・意外と名店”が多いなかいつか行かねば と思いながらも行けてなかった 焼き物 はせがわ”へ足を踏み入れてみた 
自宅から歩いて5分程度の場所にあり良く行く寿司処 大和家横にあり もちろんその存在は知っていたが なんとなく、、と言うか 敷居が・・と言うかスルっと入る場所ではないよな と思っていた
雪が降った日 なぜその日に限って行ってみようと思ったかは自分でも分からないが なぜか はせがわ” 寄ってみようか・・・という気持ちになり 入り口にある傘縦に傘を置きドアをあけるとカウンターに二組のお客さんが。 一組はスナックのママとお客さん もう一組は親子。 あ、、もちろんわたしの主観だが・・・
でも話しを聞いているとほぼそのようだ! 
そちらの席に  と案内されたのはその二組が座る間の真ん中   妻にはここにいるから・・と話してあったので遅れる事10分に着席。 お品書きをみるとそれほど高くもなく ま、、この程度のお店ならこんなものか・・・と理解し 生にしん焼き、やわらかタコ煮、酢の物、焼き牡蠣、それと串を豚と鳥、、おでんは3品を注文
やわらかタコ煮”はすし善にもあるが やはりこの手の店には定番なんだな と。 そうそうお店の中で働いているのはご主人と奥様二人だけ
総体的に結論を言うと  美味い・・・・

特に違ったのが 串 とおでん

久しぶりと言うか この焼き鳥は絶品! 昔 どこかでこのような串を食べた事あるよな・・・・と思いだそうとするがどこだったかを想いだせないほど美味い”なんだろうこの美味さ・・・・塩コショウの絶妙なバランスともともと豚は得意ではない自分がこれは美味いわァ~~~と思えるほどの串!!身の引き締まった感じや味は あーーーーーここに来て良かったと思う一品  具の大きさや美味しさなら串鳥も美味しいとは思っていたがレベルが違い過ぎて感服。 少し黒っぽいつゆに浸った状態で出されたおでん・・・・こんにゃくとがんもにはんぺん・・・これ  いやァ~~~~家では作れない味。  なんていうのか 料理人””そう
THE 料理人”””そのもの

二組のお客が帰り店には我々と大将 おかみさんのみになった時の会話

やはりこの辺りの重鎮であるのと 店に入って来たお客が身なり 雰囲気 気に入らなかったたら帰ってもらう” と! 頑固一徹のおやじ

当たり前だが必然的に落ち着いた年配の方々で埋め尽くされるようになる

そうそう 生にしん  とろけます

ビールに焼酎 梅酒 を飲み 二人で 12000円

計算すると フィーが結構かかっているが 結局この手の店は お寿司屋さん””と思ったほうがいいかと

ようは場所代ですね

60近くなるとやはりこの手のお店は本当に心地よいもの・・・・ もちろん串鳥や炎もいいが でも 落ち着く場所は 癒されるのです

古里は別ですが

また一軒 馴染みになりそうな場所が見つかりました

昨夜 久しぶりにカシオペア弾きまくりましたが いやァ~~~忘れてますね  コード!!! あの曲忘れるの????とショックを受けましたが、、でもこの曲をやる機会があればまたコピーすればいいし・・と考え昨夜は新しい  と言うか  このソロ”気になっていたんだよなァ~~~と言う部分を弾きました
いいですねーーーーーーーーやはりいい  カシオペア

ももちゃんで弾くのも久しぶり! でも今後はそれぞれのギターを定期的に弾くこととします。 やはり弾かないとギターはダメになってしまいますから

12月

目の前に迫ってきました

忘年会は来週からスタート  5日 7日 12日 14日 18日 ここまでが今決まっています

体調を整え 無理せず そう 無理せず 臨む所存です

酒におぼれることなく・・・・・

そこそこ暖かい火曜日

2018-11-27 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment