Kul diary

理解

日曜に行われたクラップスでのライブ

この件についてある重鎮の方と会話をさせていただきました  

実は単純な事だったかと

自分は広告印刷に関わる営業をしています。400人の社員が居て 営業も札幌には50人近くいるのですが品質に関し95年の歴史の中で他社に劣る”と言う事はけして無い””と言う自負、、と言うか教え””が存在しています 。 だからこそいまだに信頼され依頼され良いものを作り出して来ました
単純なんです。 2000円の名刺から1000万円の記念誌まで手は抜きません。金額ではないんですよね  プライド?!社”としての・・また個人としてのこだわりに関しては皆共通した認識の中で動いています  と言うか そこが無くなったらどこに発注してもいい””と言う事になってしまいますし クライアントは離れて行きます

そう単純な事

仕事””なんですよね これで対価を頂いている以上 プロ””なんですよね

たとえばライブハウス 音楽を演奏出来る場所があり そこに対しお金を払い・・・ま この行為がイイかどうかは別として・・・タダで 使わせてもらっているわけでは無い状況の中 フィーを頂いた箱”側は誠意を持って対応するのが当たり前であってそこに対し卑屈になる必要は全くないかと

お互いが同等なんですよね

お金が高い安い”はあるでしょう。 でも 自分とてそこに差があるからと言って手抜きな仕事はしたことないし・・・あるとすれば 相手の態度によって その仕事いらないわ!!と言った事はあるかも・・・・・  若い頃ですが、、、、

そう 単純にまずは依頼された仕事””なんですよね

音が悪い とか もっとバランスを とか 実は いつも思っているのですが信頼できる人をそこに付け聞いてもらい指示してくれるくらいの方を雇う?!と言うか
それは必要かと思ってます
もちろんそこそこ大きなイベントの時ですが、、、なかなか自分達の音を客観的に外側で聞くのは難しいんですよね

今回 久しぶりに?? 音わるいなァ~~~~~と感じだすと なにやっているんだろう・・・・このPA と思ってしまいます

そう フィーをきちんと払っている以上 そこのスタッフも参加する皆さんと一体なんですよね

作り上げないと・・・・

ま  仕事”として考えると 単純な話しかと

そこにプロとかアマとかの差は関係ないかと

仕事なので

思うに  自分のなかでは全て真剣に考えますが 特に 気を付けるのは身内”や友人の仕事です。ここでいい加減な事をすると、、あ この人は・・・となるんですよね。簡単に関係が崩れます

作品”としては気をかなりつかいます

身内だから いいか ・・・・とはならないのです

重要なんですよね  

さて

今日は水曜日

明日は今年最後のゴルフ  二ドムへ

夜は新札幌にて 打ち上げ

今週から始めた STA 採譜も 一日一曲” 稼働中

EGGは金曜日会議後 マグナムにて最終リハ  本番は日曜日

10月も半ば

雪降るまでに やらなければならない事も多々

STAは11月に続き2月も参加することになりました

ブラスロック

勉強してきます

2018-10-17 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment