Kul diary

ライクリー

北海学園大学に入学し知った音楽系サークルはナレオハワイアンズ、カントリー&ウエスタン、フォークソング研究会…そしてジャズ研究会とジャズフリーフォームレスと言う名前がジャンルと分かる二つ
前述のサークルは一体何の音楽をやっているのだ⁉️ と思いながらも覗くとナレオはロック系、カントリーはポップス系、、そのような振り分けと見えた。 そうか… ロックでは無いよな…自分、、またフォークでも無い…ジャズなぞ全く分からないし…となると カントリーか… との事でカントリー&ウエスタン…別名ライクリーフェイセスに加入! で、昔から書いている一年先輩の方々と出会うのです
その方々やっていた音楽が山下達郎であり高中正義、、等々…日本の音楽だった訳で、まーーー当時海外制が強い時代既にこちらへ進んでいた方々を見て衝撃だったのは今までも書いて来たのだが、結局今の自分を導いてくれた事は物凄く大きな事でありいまだに追い続けているカシオペアとも出会うのです
当時買ったエレクトロギター🎸の最初は白のストラト…ジェフベックが大好きだった訳では無いのだが…と言うかあの頃ではまだベックの凄さを理解出来なかっただけだかとにかくあの弾く写真がかっこよく それだけで白のストラトを買ってしまぅたのだが高中さんと出会兄より当時まだYAMAHAのSGが無い頃ギブソンタイプのグレコSGを買った
その後YAMAHAから青のメタリックSG800が発売になり感動し、、バイトで貯めたお金を握りしめ速攻札幌に向かった真冬の北広島
雪山に車を突っ込み身動きが出来無いのが分かっていたが、とにかく欲しくて欲しくて後先考えずに行うあの時の行動を思い出すと
馬鹿だな…と思うが とにかく頭に焼き付いている
それはそう…買って帰って来ても北広島の駅前雪山から出ることなぞ何も考えずに行った行為どから…
あら、、、 どうしょう… しかし 見かねたバスの運転手が結果引っ張り出してくれるのだがほんな後先考えず…な行動は いまだに頭にこびり付いている
あのサークルは正直面白かった…

音楽サークルでありながら縦社会がきちんとした上級生に話しかけるなぞもってのほか!
そんな時代当然下が出来るとまたそうなるのか…と思いきや我々の代でその風刺は終わる事に
が、、純然たる先輩後輩の関係は残っていた昨年末に行われたOBの忘年会ではあらためてこんなに先輩後輩の関係が築かれていてのか…と思うほどの絶対的な力があるんだ…と悟る
その分お金も出さざる終えないのだが…が、しかしそれが縦社会の先輩後輩と言うものか

年に一度複数のライクリーライブが行われて居たのは知っていたが今回初めてAXIAがそのライブに出る事になった
きっと我々とMIKちゃんのところ以外は固定と言うよりこの日の為に…そんな方々かと
そんな意味でもあらためて いまだに音楽活動を普通ーにやれている状況に感謝、と言うか恵まれているんだなーと
特にカシオペアと言う特殊なバンドをやれているのはある意味 特別な事なんだろうなと理解するのです
不思議な感じ事だよな とも

自分で立ち上がる…と言うのは物凄く難しい事だし、周りに居る方々との状況とが合致しないとそこには向かえないかと
その確率はかなり低く 数人の中に入っているんだろうなと
9月16日 のライブは今までとは違い心から楽しみに思えるのです
正直わたしより上は居ないライブ!となると私が王様です ^ ^

クラブってそんなもんなんだろうな…と思えるのだが、、でも後輩と…また同期と いまだに音楽を出来 演奏出来 語り合えるのは至極の喜び
我々と二バンドは学園だけで無いが他の方々はあくまでも北海学園大学ライクリーフェイセスの人間
あらためていまだに集まれるのら素晴らしい事

幹事の石倉君が ある事が懸念され 話したところ kulさんにご迷惑お掛けすることは私が全て排除しますから…と
流石サークルの関係

そんなライブ

我々もそうだが 他の後輩バンドやこの日の為に結成された山田くん、小川さん、らが山下達郎をやるとの事!
楽しみ過ぎて… そんな夜を味わえるのは至極の極

外は 快晴

今日は なん年ぶり?と言う感じですが、ルスツ高原へ
ジェットコースターが怖い私だが、、とりあえず子供が乗るような遊具と戯れてきます
今月末には阿寒と釧路へ二泊三日の旅へ

秋をどれだけ楽しめるか…

早くしないと雪降りますから❄️

金曜日から昨日まで 近い方が亡くなり通夜から告別式まで寝ずに過ごしたい疲れがあるが今日の日差しを感じルスツへ

あと四カ月

2018もあとわずか

2018-09-02 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment