Kul diary

フレーズ

昔から高中さんやカシオペア スクエアを聞いて育って来た自分。またもっとさかのぼるとカーペンターズやビートルズ イエス やボストン 達郎 ・・・・ 自分の中ではメロ”があっての・・・と言うものばかりを追ってきたのです。 なのでブルースにはなかなか面白さ”を感じず、、と言うかある循環コードがあってそこにアドリブがのる” ここに魅力を感じなかったんですよね。 でも反面 かっこいいよなァ=~~~~~とか あの手の音楽って上級””だよなァ~~~とかは思っていたのですが・・・
フュージョンと呼ばれる音楽が台頭しラリーカールトンとかリーりトナー、ジャズ寄りではチックコリア等々・・その良さと、、さらに日本の良さ””を組み合わせたまたその扱い方””が秀でていたのが野呂一生 高中正義 安藤まさひろ この三人だったと言う事なのです   やはり時代””と言い切るとそれまでだとは思いますが、、とにかくこの方々が表れた事は二本の音楽シーンに多大な功績を残したのは間違いないでしょう!!渡辺貞夫さんがサックスでメロな楽曲を発表しその流れから生まれた”と言っていいこのカシオペア、高中正義、スクエア

唯一違いは・・・・・ 野呂さん以外ソロまでも決められたフレーズを弾く””と言う事!! 実はこれがえらく”面白かった。 当時、アドリブ”では無くカチっと決まったフレーズをコード転調の元スケール練習のようなメロは衝撃的でした

以前から言ってますが高中さんを始めて聞いてのは大学入学しライクリーと言う音楽サークルに入り1年先輩が弾いていたレディトゥフライと達郎のダウンタウン

とにかく衝撃的過ぎて いままで聞いていた洋物””から完全に離れるきっかけとなりました。その頃は高中さんがブラジリアンスカイ・・達郎がゴアヘッド・・あたりかその次か・・・・ムーングロウはまだ発売になっていなかったかと
速攻学園の生協へ行き高中正義セカンドアルバムを購入!!!

そこで えーーーーーーーーーー高中ってこんな顔してるの?????と 二重の驚き・・・そうもう一つは実際のレディ~を聞いた感動・・・・・

フェンダーギターをコンプで立ち上げ 微妙ーーーーに歪み???な粘り・・・・ 凄かった・・・

エゴラッピンをやり始めジャズブルースをやらなければ””との思いから勉強し始めましたが、まだまだ馴染んでいません・・・が、、今後はそこにもきちんと向き合わなければと思ってます

きっと自分の中で ジャズやブルースと言うのは カッコいい””のだが 永遠と弾かれると 飽きる・・・と言うか 疲れる・・・そう感じているのは今も同じだと

渋くて カッコいいんですけどね

もちろん これは好み”の問題でどちらがどう”とは言えませんが 一つ言えるのはよくジャズブルースの人がフュージョンを弾くと そうならないんですよね!でそうならなくていいんだ!!と言う声も聞こえるのですが、、 ダメです(笑
そうダメなんですよね~~! 

ま  これも  いろいろな考え方あってもよいかと!!!

完全コピーするのって  とも良く聞きますが、、なんて言うか完コピがどうのこうの”というよりそのバンドや個人がもっているテイストや雰囲気””ここがポイントなんですよね~!いくらフレーズだけを追ったバンドでも面白く無いところはあります。 なんだろう・・・・面白く無い・・・と

そこがバンド”としての総体的なテイストだと思ってます

個人だけ上手い”では 違うんですよね~~

以前も書きましたが今年のAXIAも DOBさんリハ一回、本番、KUBさんリハ二回、本番、KUBさんリハ二回、 で 今週D-BOP

やはりこれくらいこなしてこないとまとまり”がでません

今週は一つの区切り”となるライブです

9月16日のHOT TIMEライブはドラムのKUBさんがどうしても外せない用があり急遽 ジェミニのドラマーNAKさんが引き受けてくれる事になりました

どれも初めてな楽曲””という事で負担をおかけしましたが 快く”叩いてくれる事になりました

感謝

さて今日は しゃぶ十勝”にて  しゃぶしゃぶ”してきます

ぐずついた天気の金曜日

2018-08-10 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment