Kul diary

さくらの森イベントはトラックの中での演奏。 意外と難しい・・と言うか 横一列に並ぶこともそうですがやり易いか と聞かれたら・・やりにくいです”と答えるでしょうね
きっとPAさんも苦労なさるかと・・・

当日終わり際にEGGのAKRくんと会話

中音って重要ですよね と言われ そうなんだよねぇ~~~  プロはスタッフが付き良き環境で演奏出来るのは当然。で、、僕も同じく以前は中音が??だとテンション下がり・・また え!!この音が外へ出ているの??と言う気持ちになり不安な気持ちでやり続けなければならない  ここは物凄く大きな問題としてとらえてましたが 最近、、外部には良い音が出ているから・・・・と言うまァ~~~言い聞かせる  そう自分にそう思わせる”方法をとってます
昨年のさくらの森!”  今聞いても変な音??なのですが、でもイイのです! 確かに良き音”でやりたいのは当然ですがこればかりはしょうがない事として理解しないとアマはやっていけません

同じホールで同じPAさんと数年やってます!と言うなら問題ないでしょうし AXIAはフュージョンなのでそれに合う感じ”でやって頂けるPAさんか否か・・ここも大きなところ
もちろんリハを念入りに行い進める事は重要ですがフェス”系は中々上手くは行きません ラインかマイクか?!ここの選択もあの短時間リハでは無理かと!今回は両方立てて あとはPAさんにお任せしました
現場に行き どーーもーーとあいさつ出来るくらいのPAさん  実は小樽 今年で6回目!! そこにいるPAさんとは顔見知り””と言う事でここ数年は良い音を出してくれます。 昨年のPODもそこそこかと!

実は今朝 今週の雨模様に対し HELIXを一人で運ぶのは不可能だな・・・と思い PODを出し音のチェックをしていたのですが、、うーーん・・・やはり差があるんですよねぇ~~。もう戻れないかな・・・  と言うか もう一度今週で構築してみますが、、 基本同じメーカーですから核となる部分は似てるのは間違いないところ・・・が、、 要は輪郭””と太さ””が違うんですよね! 野呂さんもインタビューで 軽くて 太い音”””  と話しているように一度それに慣れると細い感じには戻れないのです

あ、、でもGT-100で作ってあるEGO用の音は いいですよ!  

で そこなんですよね! GTだから とかでは無く カシオペア”をやる上で 特に歪はGT 無理です。 でも他の音楽ならGTでもOKです

細い 太い はもちろんアンプにも大きく左右されます

ただ自分はマルチなのでそこで作った音を忠実に再現するためにアンプの特性が嫌なのでパワードにしていますがもともとHELIXにはセンドリターン系が4つあります!ビニーズのKUBさんもこの機材はセンドリターンで最大の効果を出すよ!!と

今週13日にリハがあるのでその辺を話してきます

ただそれって 普通の箱”でも同じ事が出来るのか・・・・音が・・・

どちらにしても 思うのは 技量”とは関係ありませんが  でも、、そんなこだわり”すらなくなったら ダメかなと

あくまでも これからも こだわり”は持ち続けないと

さて雨なシティジャズ??!!

この三連休

EGOは雨かなァ~~~~

2018-07-10 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment