Kul diary

昨日

A7CAB116-47D6-45B9-BE12-4AD9CDBCB17Fグレイティストショーと言うサーカスの基礎を作った方の生涯をミュージカル風に表現した映画を見てステラ6階 にて 豚しゃぶのお店で食事をし 夜はD-Bopでの富士子さんのライブに

人柄かなぁーー

多くを話しました

東京での事 また 札幌での事

いろいろあるのですね

ピアノの方は ジャズ?!出身… かなり上手い方でした。 プロです なにも心配ありません 聞いていて安心して聞けます。 フレーズもジャズのテイスト満載。 あーーー上手い…と感じる事が出来る
ベースさんはシティジャズで優勝しカナダに行かれた女性。 何歳か… まだお若い方なのだが慣れ?!と安定感は 何も問題無し…
そこにヒスミ先生が加わり富士子さんをサポートすると あーーーこうなるんだ…と

確かにバンドはチームプレイ

それも大事 また このように上手い…方々が存在するステージも また良いものです

どちらが いい とかでは無く 両方とも物凄く大事な事なんだよなぁーと理解出来るステージでした
ピアノのタッチて重要ですよね。 重さ…と言うか粘りと言うか…僕はスクエアの和泉さんが好きで 何となく軽く無い なんだろう…ユーロスターとかを聞くと分かるのですが あの感じが大好きなのです
それに近い 重さのあるピアノでした!安心感凄く感じるんですよねー

いいですね 土曜の週末の夜に 暖かい音楽を聞けるのは

富士子さんが話してましたが東京は ある意味ドライでその場で譜面を渡し演奏し フィーを払い じゃ!と帰る。 仲間として…と言うより仕事として考えている。 まぁープロなのだからそれは当たり前なのかも知れません。 だから集客もお友達が応援に…では無く、自分で努力しお客様を魅了し 足を運んでもらわないと生活して行けないとのこと。
服装もきちんとした形…で。 それが当たり前な世界だと

良かったなぁーと見ていて思ったのは どちらがどちら…では無く その両方 札幌も東京もそれぞれ良さを感じているところ

そこは東京へ行きバイトをしながらだが これで食べて行こうと思う気持ちがあるところ。またそれを悲観的には捉えていないところ。

彼女の性格なのかも知れませんが 自然なんですよね

今回は一部で 富士子さんのお知り合いの男性がジャズを歌い また 途中 キヨミさんと言う素人の方が歌い… 変化を持たせ 集客も考え進行していました
富士子さんをプロ と表現していいかどうかは分かりませんが その世界でお金を稼ぎ生活しょうとしている以上 プロだと思ってます

いまだにジャズの勉強の為 先生に付いているそうです

なんか… 良い夜でした

そんな気持ちにさせてもらえる音楽はやはり素晴らしい

普通にプロ!と言う方々より 暖まる音でした

昨日 道を走っていて 春を感じました。 あーーなんか 春近いぞ!!と
なんでしょうね この感覚!太陽の角度だと思うのですが同じ寒さでも 空気感が真冬とは違い これこら暖かくなるよ…と教えてくれているような気がします。 今週から三月へ

でも考えると二ヶ月が過ぎてしまったんだ…と思えるのも確かです
でも 早いのです!一年はあっという間に過ぎてしまいます。 だからまったりしている時間はありません!
そんな事していたら あ? もう冬が…となります
少しペースを早めなければなりませんね

昨年よ今年

何かしらを掴んで 成長してないと 意味がありません!! あ、、これはもちろん自分だけですが 成長してるな…こいつ、。と思ってもらえるようにしなければなりません
ここまで書いている訳ですから ^_^

さて

今日は 噂^_^で聞いたのですがアピア?辺りにあるお店でサッポロクラシックビールが半額らしく あるお方からお誘いを受けました

でもそれぅて飲み放題の方が…と思う気持ちもありますが… いや、、それは考えずにそれはそれとして楽しんできます
温泉は来週へ!!

で、、そうそう やはり音はいいです

またさらに頑張れる気持ちになってきました

その気持ちが低下しなければ、、とか考えている暇はやはり ありませんね

日曜日

2018-02-25 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment