Kul diary

自分の責任なのだが

昨夜 イタリアンのお店を検索し ここ行ってみようと思った・・名前出しますが マリア―ジュ  すすきの中心街にあるお店で値段もそこそこだであったので初来店。

店に入ると 二人にしては広いボックス・・・  それも円形で なんだろう・・キャバのような?? 店内を見渡しても ふーーーーん・・・という感じ”まぁけして悪い訳でも無く こんな感じかぁーーくらいの印象。  メニューを見て飲みのもを探していると このお店”ワインと・・とうたっているがそのワインメニューが無い。。  ま とりあえず自分はビールをオーダー! 650円だったか・・まあ普通か””と   その後食事を頼み普通にそこそこ美味しいし別に違和感なし。。 その後ビールを二杯のみそこにいた女性店員さんに  ワイン”グラスでありますか?と聞くと はい!!との明るい返答!! どのようなものがお好みですか?との質問に重めでフルボディタイプで!!と  それを二杯のみ  お会計へ  

25400円です  と

??!!とは思ったがまぁーーたまにある金額か・・・と

でその後宮越地下でお茶しているとき その明細を見直すと  VR と言う表記があり2×4500円とある

なんだこれ>??と整合してみると これはグラスワイン代と判明

ようは一杯4500円のワインを二杯飲んだのか・・・・・と

この時点で不審感がつのり戻してくれ”とは言わないが 一応確認の為お店へ!!  すると確かにこの4500円はワイン一杯の金額です!と。 こちらはグラスワインをいくらで提供しているんですか?と聞くと最低3500円です と。 ですのでフルボトルですと×9です  と・・・4 5万????

ま リストというかメニューを見て頼まなかったこちらの落ち度””と理解させ店を後に・・・もう一度ネットで調べて行くと食べログにはわざと??ワインの値段が無く調べて行くと1000円からあるではないか!! ただ あの食金額にしてはワインの値段が高い。。 スパークリング 一杯1000円 この次が10000万円・・・・ 45000円 70000円 と・・・

で よぉーーーー口込等を見て行くと ここ キャバクラの横に存在していて 同伴 もしくは二次会で使用されているのが分かる

ようはぼったくる手段として ワインが存在するのが分かった

ただ詳細を確認せず店員に任せたこちらの落ち度もある。  ただ思えばこれだけワイン”をうたっているのにメニューが無いのは気づくべきだった。。あともしかしたら一緒に居た女性をどこかのお店のママ””と思っていたのかも知れない。。  奥さんなので  

ママ

と呼んでいたので・・・・・・

なんとなくすっきりしないすすきの”だったが  ある人から聞いた話。  その方もあるお店で飲んでいて 、、ここは普通のお店らしいのだが、ワインお願い出来ますか?と聞くと どのようn・・・との会話。。ある程度伝えると いきなりコルクを抜く店員。 注がれ飲み お会計へ 普通に支払おうと思ったが 金額を見てカードに替えたとの事。  フルボトルの場合 もちろんピンキリだが我々程度だとせいぜい4000円台??!!それでも高いか・・・そのレベルだが相手にしてみれば 貴方の想いをお出ししました!!と言われたらメニューで指示したわけでもなければ 変な意味”20000円のワインです!!と言われたらそれまで

やはり すすきのは危ない・・・・

東京はもっと危ないですが・・・

以前六本木で飲んだ時 スナックへ行きたい”という方と店を探していたのだが 門構え””または店内”” 含めここなら大丈夫だろう・・と踏み  すすきのでもこの程度なら高くても一人15000円がMAXだろうとの推測でいたのだがお会計は 89000円!!!

なんだろう、、やはり怖い街だ!!!!  との印象を持った 所詮北海道の小さな人間でした

ま  みなさんもお気をつけて すすきの 探索してくださいませ

さて

今日は雨の一日 らしい

今日は栗山へ 

撮影と取材で

木曜のリハに向け 今朝はフレーズの確認及び スケールの構築をしました

徐々に野呂さんのアドリブスケールが分かって来た???ようにも思えます

あくまでも 勝手に思っているだけですが・・・

いまのところは晴れな週末

さて

SIOさんが勝つのか わたしが勝つのか

・・・・・

2017-08-22 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment