Kul diary

そこに

皆さん大事なんですが でもバンドのキーマンはやはりベースさんだろうと

AXIAの初代はsatさん その後Amiさんが引き継いでくれて 今 ootさんとSIOさん とにかくまずは…ありがたいのはここまでの人達が参加しですよぉーー頂ける事に感謝…と言うか凄い事だよなぁーと本当ーにあらためて感じるのです。
やはりカシオペア!と言うものかそこまでさせてくれてのだろうと思う

先週リハを終え こんなにもそれぞれのベースさんよって違うものなのか…と

もちろんそれはそれぞれの楽器も言えるとは思うが基本となるベースさんの存在はバンドに与える影響が物凄く大きいと感じました

カシオペアは櫻井哲夫 ナルチョと言うスラップでは日本を代表する二人のアーティストが参加した しているバンド。特に全盛期のころはほとんどのベースさんが憧れまたコピーしたMINT JAMSを筆頭に 今までのベーススタイルをカシオペアが塗り替えてしまったと言っても過言ではありません。 あの当時の音は櫻井さんの力、、なのか、、またはスタッフの意図なのか… ヨーロッパ向けに作成したライブ 兼 スタジオぽさを残した至極のアルバムなのです。 過去にあった曲を新たなアレンジで出したアルバムなのですが、ここからが野呂さんのコンポーザーとしての実力が発揮されたのです。 普通ならマイナーチェンジで少しいじり世に出すのか普通なのに… 野呂さんは過去の楽曲を見事に ある意味変えてしまいました

このアルバムがここまで有名になれた…またフュージョン界の伝説になったのも野呂さんのセンスとしか言いようがありません

そのバックで独特の音 または フレーズを奏でているのが櫻井哲夫

カシオペアがここまでな存在になれたのはもちろん楽曲のセンスもありますがやはりメンバーの素晴らしさ…ここなんだろうなぁーと

それぞれに違うんですよねぇーー AXIAも^ ^

Satさんのミュートな感じ…これはもう櫻井さん大好きなんですが… これが物凄く分かる方なんです!!札幌で6弦ベースを使いこなした始めはこの方!?なんじゃない。そう思わせてくれる素晴らしいベーシスト!あーーー櫻井さんだ…と直ぐ分かります

Ami氏は…この方 加入したころと昨年とではきっとまるで違うかと… 凄い進化だと…攻撃的なベース弾かせたら札幌では一番だと思います。 スラップの音、または見てくれている人達に面白さと笑顔を届けることが出来る数少ないベーシスト!!ワイヤレスがこれほど似合うベース弾きは居ないかと リズム感とパフォーマンス… 凄いい人です

今回夏の前半をお手伝い頂いたooT氏。録音を聞くと…凄いんです。細かさとリズムキープが… 大きな音に埋もれるリハでは分からないんですが ライブ音源を聞くとあーーーー凄いわ…と間違い無く思わせてくれる 僕はありがたい事に三人のドミノライン ベースソロを間近で聞けた唯一恵まれた男!!Ami氏も言っていましたが 細かい…なんて言うかニュアンスは 凄いです 分かる人には^ ^

今回から加わって頂いただいたSIO氏。これは生い立ち^ ^から来るものなんでしょうがきっと皆さんはこの方がここまでカシオペア君だとは知らなかったでしょうが、、まさしくカシオペアマニアでした。。が、若きし頃に演奏したカシオペア以降 歌物なオーケストラなどのベースを経験され基本 包み込む術を身につけたんだろうと…その方がAXIAを弾くと今までとは違う…と分かります。馴染ませてくれるんですよね。あーーそこかぁー^ ^って 是非サウンドエナジーで確認お願いします!!

これを書いているだけで 恵まれている…本当に恵まれた男だなぁーー 自分!!これを感じます

AXIAが と言うのでは無くカシオペアと言うグループが居てくれたおかげ…

それだけ

それを弾く箱がAXIAであったと言う事。またそれにお付き合い頂けている事に心から感謝します

夏最後のライブまであと少し

またいつもとは違うAXIAをお見せ出来るかと思います

外晴れてます

夜飲みまで ドライブ で温泉かなぉー

松山英樹くん! 怖くて見れないい自分…

見たら負けそうなので^ ^

さてお盆休みもあと二日

2017-08-14 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment