Kul diary

昨日

仕事関係の信頼できる友人が全国初となる 谷川俊太郎さんの作品やグッズを置く 本人公認のカフェをオープンさせました

年齢は46 ・・・らいし・・・  女子で元ポロコ編集長を経て独立しライターとして確約していた方

谷川さんは知る人ぞ知る 有名な詩人

息子さんは音楽家

その公認カフェをクラウドファンデイングをもとにして100万を集めオープンにこぎつけたとの事

昨日は彼女の在学していた開成高校のもと担任の方と三人で カフェにて打ち合わせ

南3西7にある白い建物の2階

踏み出せる勇気は本当に素晴らしい

自分 気が強いですから・・・・と 笑って答えるFUR女史””   彼女とは10年来の付き合い。 もともとあるライターさんと仕事をしていたのだがその方がおやめになるとのことで紹介されたのが女史”

僕は持論なのですが  とにかくどのような状態であれ、、何人であれ、、規模関係無く独立し生きている人は全て尊敬します

自分なんか 所詮 昔に出来きていた場所に乗っかって組織の一部として動いてるだけ・・・正直自分が居なくとも会社は回るのです。 何かしら 今いる場所から一歩外にでる勇気がある人を尊敬します

自分の周りには仕事関係で やる””と言ったら絶対にやる!!”””そんな方々が居ます。 裏切らないんです。。だからこそ今もそんな方々とのお付き合いは続くのです! また 何て言うか そんな方って話が面白いんですよねーーーーー

話していて  酒飲んでいて 飽きない・・・・・

ここかな と

自分を持って居るというか・・・・・

歌詞 と言うものに 目覚めた・・・・この表現が正しいかは分かりませんがずーーーっとインストで来た自分にとって歌詞”はそれほど重要ではなかったのです。ここにも書きましたがそこに は”””っとした詩は・・・・中島みゆきさんの 時代

もちろん昔からしってましたが  でも  改めて聞いて  あ・・・・・・と感じた歌詞の初め・・・・

センスですよね  そう  センスとしか言いようが無い

もちろんメロもそうですが でも この歌詞は やはり 詩人””でなければならないよなァーーーと

先ほど書いた女史もライターとして生きてきた人

やはり感性  あるんですよね

話していて 面白いもんなァーーーー

毒舌だし

昨日打ち合わせを終え店を出たのは8時近く   南3西7・・・・狸小路近くの駐車場から出ると もちろん 飲みに出ている方々と遭遇・・・・・いいなァーーと思いながら  いやいや 車だし、、、 街の灯り って

いいですね

なんだろう

あの光に誘われる感覚って   

2000円くらいで一杯ひっかけて帰るか・・・・・この感覚  最高

あーーーーーいいな  街の灯りって

でもそう考えると 心の故郷  古里””も あの暗い中歩いていて  ふと  目に入る 赤ちょうちんの光・・・・ 

いいから  寄っていきなさいよ”””と  話しかけてきます・・・・・

ビールに 氷下魚 小揚げ納豆にホルモン焼き  タレで・・・・

ァ―――――最高だ

金曜日  だ

そうだ

考えたら久しぶりかも 知れない

古里

いくか

金曜日で晴れ  ファイターズ中継があると変に混みあうお店

古里か自音 だな

とにかく今日は金曜日 晴れ

以上

2017-05-12 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment