Kul diary

本日

野呂一生の自叙伝が発売になります  

北海道は2~3日遅れるとは思いますが

野呂さんも2017 1月1日で還暦

今週から初めた年賀状書き・・・  毎年恒例な事。 これ 面倒だな・・・と考えたら一瞬にしてやる気なくなります。。 まずは自分より年上な方々!あとは親戚 友達 社外な人々・・・ここを終わらせるとあとは社内な方々!! そうなのです””まずはこの前記した方々さえ終わらせると

あーーー と ホッと一息つけるのです

今日 そこまで終わらせました   早朝 年賀状・・・・・

宛名も手書きです

朝の5時から書いている訳ですが 基本無心です。。  ここ重要   で   スマホからイヤホンでいろいろな音楽を聞きながら書いているのですが今日はめずらしくカシオペアの見たことない画像があったのでそこをタップ・・・・  時期は ももちゃん”” と言うことはニューヒストリー辺り

いろいろな意見はあるでしょうが自分の中ではこの時期が野呂さんの最高潮””””と思ってます。。 パーフェクトライブ、、と言う方もいるでしょうが ももちゃんの時代はフレーズ ビブラート 音 含め

あーーーーーー上手いなァーーーーーーと  感じる時期

これ 最近歌ものを聞いていても感じるのですが ビブラート前の音程がしっかりしていて ビブラートがかかる時に自然に行くか なんとなくわざとらしいか・・この差””なんじゃないかな ””と思うのです

上手い人は 自然””というか 違和感無いと言うか  嫌味に聞こえないのです

これギターも同じだよな  と

この時期の野呂さんは 早いパッセージの中でも タイミングが抜群に素晴らしいのです。。  ここぞ と言う時に 綺麗に 音の艶を出すのです!上手さの一つにここは物凄く重要だと。。

これはもちろん練習でしょうが 持って生まれた感覚も大事なだろうなと!! ただ楽器の場合はまだ練習次第でそこに近づける可能性はあるかなと思います

以前書いた オリビアニュートンジョン なんかも 絶妙は艶””なんですよね

そこなんだろうなァーー

そうそう

昨日 SNSに載っていた 記事に 野呂さんモデルが33万である”と書いてあったので視察へ!!

意外と綺麗でした。。  で 店員さんに聞くともう買い手が決まったとの事。 で さらに話していると同じモデルが2つあり依頼者は良いパーツを一本に移し替え まァーーある意味ダメな方を売るとの事!!

北海道で旧野呂モデルを二本持っている人・・・・・・  一人知ってます

でも危なかったですね  もし買い手が居なかったら 手をだしてしまうとこでした・・・・  33万だし  とか考えて

まァーーーマニアなら持っていてもいのですが・・・僕の場合 マニア””ではないんですよね!! で ポイントは実際に使うか???ここ

今の野呂さんや基本 IN と ももちゃん あれば問題ないのと 旧野呂モデルは セミホローなのとあの当時の音を再現するには今のPODとは別のシステムが必要になるのと  

本当に使いますか???と問うたら

ライブでは使わないよな・・・・・

ここ

持っていたらいいかな  というくらい

今後 また 買うチャンスがあるかも知れませんが  今のところ 必要ないのです

でも  危なかった

あれ あの時間に フリーな状態なら

買います!!!!

って言ったかも

あぶない  あぶない

33万だし・・・・

神様が   ずらしてくれたと  ・・・

思っておこう

世の中に旧野呂モデルは結構出回っていますが IN-1は無いんですよね

いまとなれば 購入しておいて良かった  とは思ってますが やはり来期の前半に ももちゃん”をリフォームしたいので 完成後はメインで行きたいんですよね

バインディングとフレット打ち替え あと メインの再塗装!!!

いまの ももちゃんは ピンクを吹きかけて作りましたが 良く 野呂さんのを見ると 黄色を一旦ひいてその上にピンクを縫っている感じがあるため一旦全てはがしその後再塗装する予定です

来春からは 使用できるとよいかな と思ってます

本当は ももちゃん IN-1 に続く 新しい IN-1作成に””とは思ってましたが  先に ももちゃんをリニューアルすることにしました

あとはPODに ピッチシフターとコンプを別に繋ぎたいですね

来期に向け いろいろと新しい事を考えると 楽しい気分になります

みなさんも  AXIAのみなさんですが・・・ 新しい機材購入し また来期楽しみましょう

!!!

2016-12-20 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment