Kul diary

六花

image昨日は住んでいる琴似にてSIO UNITのボーカルNANAさんがライブとの事で観戦いたしました。 共栄ビルという琴似では古い建物の4Fに喫茶スペースがありそこでボーカルユニットの聞かせてくれるとの事で行ってきました

入ると右側の席に エロ王子””ことHISさん(ドラム)が・・・ 同席し いざ観戦

このユニット もともと 小夜さん・・と言うゴスペルをやってらっしゃる方の元に居た方々でその6人で組んだとの事。。 実はこの差小夜さん、、お会いしたことはないのだがある方からリハ時の音源を聞かせてもらった事があるのだが・・・・

正直 なんですか???このリズム感!!!と驚いた記憶が鮮明にあります。Kyの方なのですが、、とにかく一言  凄い・・・・と思わざる負えない技術とグルーヴ感は凄まじいものがありました。 確かご主人は大山さんと言うドラマーだと、、  またこの関係で信子さんというベースさんも 半端無い人との事

で、、その場所にいた6人でのボーカルライブだったのだが 個人””というより和声したときは  あーーーーーー  ゴスペルだ!!!と直ぐに分かる迫力”

また 知った歌”を聞かせてくれたのも あっという間の1時間30分だった と

温かいんですよね

歌 歌詞 ・・  

結局 何を伝えようとするか・・・  また それを把握し練習し ライブを行うか!!  ここだと思うのです

確かに自分たちが満足し なんか いいぞーーーとか思いながら  どーーーーだァーーーーとライブするのも良いですが 聞いてくれる方々やその空間をきちんと理解し伝えて行く・・・・・ここがあるかどうか  

テクニックだけではないんですよね

観戦していると残り20分くらいになって SIOさんが登場!!  わたし、HISさん、SIOさんと座り観戦しているとなにやら持ってきたバックをごそごそしているSIOさん・・・ 恰好はトレンチにマフラー。。ブーツを履き ライブなのにバック持参・・・・

???と思いながら見ていると中から 何やら 箱に入ったお菓子を取り出して袋に入れている・・・さらに鮭茶づけも・・・  なんだ????

そこから15秒・・・

あ、、、 六花・・・・リッカ・・・・六花亭・・・・

流石SIOリーダー

ちなみにこのユニット 六花と書いて リッカと読みます。。  で  差し入れ?!が 六花亭   か

で、、夜 NANAさんからメッセージを貰いその話をすると・・・

あーーーーーだから六花亭かァーーーーと  

遅い・・・・

ま、、そんな雰囲気の中六花ライブが終了いたしました

歌っていいですよね!! 心のこもった歌を聞き 歌詞を心に刻み 噛みしめる。。 伝わる”””と言う事をこれから自分も考えて行かなければ・・と思わせてくれたライブでした

さて今週土曜日は 古里会

どうなることやら

2016-11-24 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment