Kul diary

あるfbに書いてあった事・・・

アコースティックと電気の音量について・・・書いてありました   単純に言うとアコがとか電気がとかでは無く要は音のバランスの問題であり又楽器弾きのスタンス”だと思うのです  で・・・それに対し結構注意している  との話が書かれていましたが これ極論から言うとほとんどの人達は気にして無いというか音デカいですよ

あ、、ちなみにわたしもそうです・・・

やっと最近になって気づき始めた   かなぁーーー    な程度ですね    残念ながら

楽器弾きって要は自分の音が聞こえないとなんとなく存在意義に疑問を持ってしまうと思うんですよ

えーーーーこなに小さいと俺ってこのバンドに必要か???? 何かデカくねェーーーボーカルさん”””俺聞こえないんだけど・・・・・

歌がメインなバンドさんで、歌が本当に上手い人”っていうのを自覚して演奏しているバンドってどれくらいいるんでしょうかねェー  あーーこのボーカルさんを皆さんに聞いて欲しいなぁーーーって思うほど上手いボーリストさん   います?

これえーーーーーな、意見なんですが・・・

勝手な話なんですがきっと歌バンやっていてメンバーが皆 いやぁーーうちのバンドのボーカル凄く良いんだよねーーーって誇れるバンドってどれくらいいるんだろう<  きっとそれが無いから自分だーーーーって表に自分を出したがり音が徐々に   徐々に  大きくなって行くような気がします

あ、、この意見には反論もたくさんあると思います   きっと本当に上手い方やスタジオミュージシャンなんかはそこを熟知していますから適性な音量であくまでも主役のボーカルさんが気持ち良く歌えるようにしてくれると思うのですが・・・

自分なんかずーッとフュージョンやってますので基本的にギターがメインでセンターで・・・甘やかされて来た訳で・・・ですのでたくさんの勘違いをしながら進んで来たのですよ!その結果 こんなんになってしまったのですが・・・     でもそんな僕でも一つの変わり目がありました!大きかったのはサークルライブでバンケイに行きライブを行った時歌ものを二曲演奏しました  その半年後小樽でライブが入りその時のメンバーと新しいドラムさんでリハを行った時   ボーカルさんがサークルライブを聞き言った言葉が

全体に音 ”デカすぎます     

歌が聞こえません

これ  結構  衝撃でした!!  きっとボーカルさん達って中々言えない言葉だったかもしれない”””って  大概ボーカルさんは若くて演奏人の方が年上”ってパターンがほとんど のような気がします

言えませんよね・・・・・

これは正直  あ、、、そーだわ!そうだよ、、、、今歌っているボーカルさんを引立てる演奏しないとダメだわ!なんで今自分バックやってるの?自分が目立つ為?途中のソロをガンガン弾くため???   いやぁーーー違いましたね

それから数年   ある結婚式でアコギターを弾くことになりました  ドラムさんとキーさんアコギター でご本人が歌 ご主人がベース

とにかく考えたのが歌をいかに引立てるように弾けるか・・・・ここしかありませんでした   丁寧に  且つ キチンと弾くこと

 

この二つですかね

カシオペアをやっているとその辺がおろそかになる   そんな自分がいましたが 最近はいかに邪魔にならないよう、、出るときは出る、、でもバランスは重要  そんな事を思いながら弾いています

でも みんさんが あーーーこの人上手いですよね!!って言われている人達って

間違いなくバランスも上手いです

音も バランスも 

これはものすごく難しい事です    思っているより・・・・

そうなって行きたいですね

2014-07-14 | Posted in Kul diaryNo Comments » 
Comment





Comment